変えたレンズのベースカーブが違うとき

ソフトレンズの「ベースカーブ」について考えてみよう。 レンズの種類を替えて「前のベースカーブは8.7だったけど、今回は9.0で本当に大丈夫?」といった類の心配をする人がいる。 レンズのカーブというのは、使い捨てで1~3種類、常用で3~5種類くらいだ。 特に使い捨てに関しては1種類しかないものがあり、「鎧」に似たハードと比ベソフトレンズは「フリーサイズの服」に似ているところがある。 …

Read more

紫外線カットについて

レンズの中には紫外線をカット出来るレンズもある。 紫外線がリスクファクターとされる疾患もあるため、それを売りにしたレンズがあるのだ。 白内障はそのもっとも身近な代表疾患だろう。 白内障は目の中の虫眼鏡が白く濁る病気だ。 紫外線をカットした方がいいかどうかは紫外線カットのレンズを使わずに疾患が起きたときに紫外線カットのレンズを使っておけば疾患が起きなかったのか、 という人体での比較実験か出…

Read more

カラコンの寿命

これも一般的な話であるが、ハードは2年から3年が寿命だとされる。 だが、あまり根拠かないから、私は半年から1年くらいで交換することをお勧めする。 買ったばかりのレンズと2年経ったレンズが同じ状態とはだれも思わないだろう。 普通、少しくらいは汚れも傷もある。 汚れかあるということは酸素の透過性も落ちているのです。 汚れにさらされ続けるとアレルギーにだってなりかねない。 アレルギー性結…

Read more

新品のカラコンの使い方

買ってすぐにカラコンを使いたいだろうが、購入してすぐ使うのはあまりよろしくない。 販売店の人もレンズやケア用品についての学術的な知識はあまりない。 皆さんは、購入後にカラコンを装着する際、開封してそのままレンズを装着するだろうか、それとも開封後に水道水で洗い流してからつけるだろうか。 あえて言えば、後者の方が正しい。 だがもっとレンズを「きれいに使う」には、購入後は家に持って帰り、一晩…

Read more

コンタクトレンズと円錐角膜

円錐角膜は、角膜がラグビーボールの尖ったところのように中央部が飛び出してくる病気です。 円錐角膜の人には、ハード系レンズでないと角膜の不正乱視は矯正できませんし、ハード系レンズがうまくフィッティングしない場合は、ピギーバックという、ソフトレンズの上からハードレンズをのせる方法を用います。 10歳頃からはじまり、20歳前後になってメガネでは視力がでないので、眼科に来てはじめて診断を受けるケー…

Read more