新品のカラコンの使い方

買ってすぐにカラコンを使いたいだろうが、購入してすぐ使うのはあまりよろしくない。
販売店の人もレンズやケア用品についての学術的な知識はあまりない。
皆さんは、購入後にカラコンを装着する際、開封してそのままレンズを装着するだろうか、それとも開封後に水道水で洗い流してからつけるだろうか。
あえて言えば、後者の方が正しい。

だがもっとレンズを「きれいに使う」には、購入後は家に持って帰り、一晩洗浄液の中につけておくことです。

ハードレンズの表面はもともと「油(脂)と仲の良い性質」をしている。
だから、レンズの表面を水っぽい性質に変えるコーティング加工を施したカラコンがあるのです。

「油(脂)と仲の良い性質」のものを手洗いの不十分な手で触ると汚れが非常に付着しやすい。
水で洗うにしても、洗わないよりましという程度です。

そこで洗浄液の出番。
洗浄液に含まれる「界面活性剤」はレンズの表面にくっついて「うるおいの膜」を作る。
つまり、レンズの表面を「水っぽい性質」に変えてくれる。
だから、一時的にではあるが、コーティング加工と同様の効果が得られる。
そして装用前にレンズをホルダーごと流水で軽く洗い流す。

このときにしてはいけないことは、レンズを取り出してこすりながら洗い流すこと。
これをやると一晩おいて「水っぽい性質」に変えた意味がなくなるからです。

実は、購入したばかりのカラコンが曇りやすいと言う人は「手洗い不足」と「レンズをそのまま装用してしまう」からなのである。
そして、翌朝こすり洗いをしてしまうことも良くない。

カラコンは夜のうちに外して洗い、翌朝はこすらず流水のみというのが、使い方の基本。
タンパク分解酵素が入った1本タイプには、洗浄液から取り出して、こすり洗いを勧めている洗浄保存液の説明書もあるにはある。

あくまでも洗浄保存のタイプで行って欲しい。
液がしみる人、薬剤アレルギーのある人はこの方法はあわないから、よくすすぐしかない。
一番は「手洗い」を充実させることです。
ちなみにソフトレンズは開封後そのまま着けても問題ありません。

 

2014/01/20 新品のカラコンの使い方 はコメントを受け付けていません。 コンタクトレンズ