紫外線カットについて

レンズの中には紫外線をカット出来るレンズもある。
紫外線がリスクファクターとされる疾患もあるため、それを売りにしたレンズがあるのだ。
白内障はそのもっとも身近な代表疾患だろう。
白内障は目の中の虫眼鏡が白く濁る病気だ。
紫外線をカットした方がいいかどうかは紫外線カットのレンズを使わずに疾患が起きたときに紫外線カットのレンズを使っておけば疾患が起きなかったのか、
という人体での比較実験か出来ないから分かるはずもないのだが、マウスの実験などでは紫外線と白内障の関係性はあるようだ。
臨床では白内障と紫外線の関係を疑うドクターもいる。
その理由は、紫外線を起因とした白目の疾患があるのだが、その疾患のある人たちに特別白内障が多いわけではないことが挙げられている。

確かに、私も感じるところだが、白内障の程度が重度な人ほど、紫外線起因の白目の疾患が多いわけではない。
これからは、紫外線と白目の疾患、白内障すべてを包含するような研究が必要だろう。

ところで、紫外線カットのレンズであるが、「まぶしさ」を軽減できると思って使っているユーザーも多いが、「まぶしさ」は軽減できない。
「まぶしい」と感じるのは「目に見える光線」だ。
紫外線は「目に見えない光線」なので、「まぶしさの原因ではない」からである。
だから、サングラスをかければ紫外線をカットできるという考えも間違いだ。
紫外線カット付のサングラスを購入しなければ紫外線の影響から逃れたことにはならない。
さらに、光は正面からだけでなくサングラスと顔の隙間からも侵入し、目に入ってくる。
サングラスだけでは紫外線の影響が心配な人は、紫外線カットのコンタクトレンズを使えば良いだろう。