角膜上皮びらん

点状表層角膜症が悪化したり、CLのこすれなど物理的な刺激の繰り返しによって角膜上皮がはがれるために発症します。
自覚症状はびらんの程度により、異物感や目がしみるといった軽いものから、激しい痛みや強い充血、まぶたの腫れなど重いものまでさまざま。
重症では虹彩炎・毛佯体炎(視力にかかわる組織の炎症)を合併することがあります。

治療・対策

抗生物質の点眼薬、あるいは眼軟膏の塗布。
眼帯で保護する場合もあり、痛みが激しいときは鎮痛剤を内服します。
CLのフィッティングが適正かどうかも検査し、交換したほうが良い場合もあります。