角膜浸潤、角膜潰瘍

CL障害の中でもっとも重く、角膜上皮および実質に炎症を起こしている状態です。

「悪化すると角膜上皮が欠損し、角膜実質にまで潰瘍病巣が進展します。
細菌や真菌(かび)などに感染しやすくなり、感染を合併すると失明につながります。
その感染性角膜潰瘍はほとんどがSLの装用者です。

原因はレンズの汚れや傷、フィッティング不良、不適切なレンズケア、長時間装用、初期の角膜上皮障害の放置・不適切治療、ドライアイ、微生物感染などあらゆる因子が関係します。」

ガス透過性HCでは激しい痛み、充血が起こりますが、SCでは症状が軽く自覚できないことがあります。
SCにはもともと角膜上皮に傷がついても痛みを抑える性質があり、知らないうちに角膜潰瘍にまで至るというケースが多いようです。

治療・対策

ただちにCLの装用を中止し、感染が疑われる場合は原因菌を調べます。
原因菌を特定できたときはその菌に有効な抗生物質を、特定できない場合は一般的な抗生物質夲点眼します。
必要に応じて眼軟膏や人工涙液、ヒアルロンサン点眼薬も用います。
治癒後はレンズケア用品やレンズの変更、装用時間の短縮など、原因に応じた対策を。